カレンダーの利点と欠点

カレンダーの利点と欠点 カレンダーは定番ノベルティとして広く利用されています。
毎年の定番ノベルティであり期待する顧客も多く、そのデザイン性や使いやすさなどを気にいって毎年利用してくれるといった顧客も少なくないため、広告宣伝の方法としては非常に有効なものとなっているのが特徴です。
そのために毎年同じ顧客から催促がある場合もあり、安定して配布することができるものであり広く利用されています。
ただし毎年固定の顧客に配布することが決まっていることから目新しさがなく、大きな変化に富んだデザインが実現できないと言う欠点もあります。
顧客の多くは昨年と同じような使い勝手を期待することが多いため、大きな変化を与えることができないものとなってしまうのです。
さらに顧客の必需品となってしまうことも多いため徐々にそのインパクトが薄れてしまうといった欠点もあり、デザインやその他の面に細心の注意を払いながら配布の仕方を含めて効果的に行うことが求められるものとなっています。

パスケースをノベルティとして配るのが合っている場面

パスケースをノベルティとして配るのが合っている場面 ノベルティ商品の配布は、顧客ターゲット層や開催されるイベントなどの状況に応じた商品選択が必要になります。
パスケースは人によってさまざまな使用法補があり、不特定多数の来場などに配布する際には非常に使い勝手のよい商品になります。
持っていて便利な商品なので粗品として配られる場合、利用率の高いノベルティ商品のひとつといえます。
幅広い年齢層での使用が期待されるために、不特定多数が集まる場所での配布が最適です。
行動や駅前、百貨店などは幅広い層の人々が利用します。
特定した顧客層をあえて絞るとすると、通勤や通学に使われる人がたくさん利用する場所での配布が効果的といえます。
駅などの交通機関を利用する場合には、時間帯によって年齢層が変化することもあるので、また違った結果になることもあります。
ノベルティ商品は自社を最も理解してもらうためには最適な宣伝方法となるために、常に持ち歩く機会が多いパスケースなどは最適な商品となります。

新着情報

◎2018/5/1

カレンダーの利点と欠点
の情報を更新しました。

◎2017/12/21

法人向けのノベルティの作り方
の情報を更新しました。

◎2017/8/25

法人向けのノベルティの特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/24

ノベルティは当たり前の時代
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

ノベルティほしさに購入
の情報を更新しました。

「ノベルティ カレンダー」
に関連するツイート
Twitter

可愛いの描いてるな~て思っていたらそれがノベルティで新刊はこれから描くと言ってた時カレンダーを3度見くらいしたからね。正直正気を疑ったけど本当に出したし内容もとても可愛かったら尊敬しかない

Twitterわくわくマッシュポテトの逆襲@ybsc3

返信 リツイート 21:29

新刊とノベルティのカードカレンダー😊 pic.twitter.com/79aGnlvcx3

一月のノベルティカレンダーにしたい

ノベルティカレンダー!ケース余ってるから今年中でまたどっかで頒布したいな………せっかくあるのに…余裕の原稿人間になりたい…

既刊持ってきてなくて…って神様に言ったら買ってるんでしたら大丈夫ですよ〜〜って言ってくださってノベルティカレンダーもらえた😇🙏ありがとうございます…家宝です…

RT @seyfaanthology: ノベルティー第2段は2020年カレンダーで、卓上リング綴じになります。表紙込で13枚の豪華カレンダーです💕 なお、こちらはアンソロとセットのため通常版とお値段が異なります。 pic.twitter.com/esEqFoVpUt

午前中いっぱいは私がスペースにおります予定です😃自分が抜ける時はアナウンスしますが基本スペースには誰かしらはいるかと…! 新刊1冊(ノベルティは先着、無配は漏れなく)とレオ司カレンダーが頒布物です!よろしくお願いします!!🙇‍♂️

Twitterなかの@7/21西4M49b@tlst__nkn3

返信 リツイート 8:27

四冊記念ノベルティカレンダーはアオイのヒトトセ春夏秋冬を持ってる方のみです!これも数に限りあります…すみません🙏💦 pic.twitter.com/BUvokkREwq

案の定体調崩して寝込んでて起きたらその間に泊めてくれた売り子さんがノベルティの刷ってなかったカレンダー刷ってくれてたの…わたしの売り子さん人間の魅力に溢れている …感謝

ノベルティのお酒すごろくの駒と マギステル・ブローチ。 こちらは装飾部分が彫りになっている木製です。 各冊子は、明治時代に薬の原料を求めて旅をしたある男性の手記。 (カレンダー付きの手帳) それと、魔術、呪術、占星術、錬金術などのテーマに別れた博物誌風の読み物です。全八巻。